イベント・その他活動

図画ポスターコンクール

歯・口の健康に関する図画・ポスターコンクール(主催:日本学校歯科医会)

2022年度は、鹿児島県下の市郡歯科医師会を通して39作品の応募がありました。8月19日(金)に鹿児島県歯科医師会館にて審査が行われ、鹿児島県代表5作品が選ばれました。県代表作品は日本学校歯科医会の同コンクールへ出展いたします。

<審査講評:鹿児島県教育庁義務教育課 吉留雅樹 主任指導主事>

選考の基準

  1. 歯・口の健康づくりを通じ、生涯にわたって健康な生活を送るとともに、健康な社会の形成に貢献できるような内容。
  2. 教育上不適切な表現・描写、人によっては不快感を抱かせるような表現・描写のないこと。
  3. むし歯の予防を訴えるだけでなく、歯肉の健康、よく噛むことの大切さなど食を通した歯・口の健康づくりや口腔機能の健全育成、望ましい生活習慣の形成、 歯・口の外傷予防の大切さを訴えるなど、歯・口の健康づくりを通じて生涯にわたり健康で安全に生活するための習慣や態度の育成に寄与する内容であること。
  4. 子どもらしさがあり、のびのびした表現であること。
  5. 歯・口の健康が全身の健康に欠かせないものであることや、歯みがきを含め正しい生活習慣を身につけることが大事であることを訴えるもの。
  6. 表現したいことを適切に伝えるために色や絵の構成に工夫がされていること。

応募の際の注意事項

  1. 特定の歯科用品名・商品名の記載のないこと。
  2. 「虫歯」ではなく、ひらがなで「むし歯」と記すこと。
  3. 他の団体の主催するコンクール等に応募していないこと。

県代表作品

幼稚園の部

ポスター

学校法人赤塚学園あいら幼稚園 坂本 寛治 さん

【 講 評 】
大きな顔の迫力と,色彩の配置がとても美しく感じます。輪郭の青色,背景の黄色,所々にちりばめられた赤色,とてもバランスがいいです。大きく開いた口の中には歯が1本1本丁寧に描き込まれています。横には歯ブラシのようなものも描かれています。幼いながらも歯の大切さをしっかりと認識し,それを絵で一生懸命表現しようとする気持ちが伝わってくる作品です。

小学校低学年の部(小学校1年生~3年生)

志布志市立安楽小学校 2年 岩越 悠真 さん

【 講 評 】
とにかくインパクトが強い絵です。画面全体の顔の迫力と歯を磨いている男の子の目がとても印象的です。口の中には歯ブラシと泡と虫歯菌と光が面白く表現されており,顔のまわりの背景が白になっているところがさらに効果的です。顔の色も肌色だけではなく,オレンジ色も混ぜています。とにかく面白くてインパクトのある素晴らしい絵だと感じました。

小学校高学年の部(小学校4年生~6年生)

奄美市立朝日小学校 4年 渡瀬 ゆり さん

【 講 評 】
顔の表現や背景の食材など,とても上手に丁寧に表現されています。手には歯ブラシだけではなく,歯間ブラシももっています。この二つでしっかりケアするように歯医者さんに教えられたのでしょう,とてもよく表現されています。背景の色も赤と黄色をちりばめた独特な色彩にしています。構図や配色,モチーフなど総合的にバランスが取れた,小学4年生の作品とは思えないレベルの高い作品だと感じました。

中学校の部

曽於市立末吉中学校 3年 今西 日奈乃 さん

【 講 評 】
さすが中学生と思えるクオリティの高い作品です。主調色であるピンクを中心に,配色も美しく丁寧に表現され,泡のグラデーションが特に印象的です。黒で表現された文字のインパクトもしっかりあり,発想や構図,美しい配色など,トータルでバランスが整った素晴らしい作品だと感じました。

高等学校の部

該当者なし

特別支援学校の部

徳之島町立亀津小学校 4年 池上 結 さん

【 講 評 】
まず,色の表現が独特で,点描のような重色のような貼り絵のような面白い技法で表現されています。大きな口の中の歯は,一つとして同じ形はなく,鏡などを見て歯の形をしっかり観察しながら一つ一つ表現されています。全体的に配置のバランスもよく,迫力やインパクトもあります。トータルで面白く,とても素晴らしい作品に仕上がっていると感じました。

haikei