歯のはなし

部分入れ歯 定期的な調整が大切

 歯のない部分が多い方や、ブリッジの土台の歯が何らかの原因で抜歯が必要になり、ブリッジが適さなくなったような場合は、部分入れ歯あるいはインプラントの適応となります。このうち部分入れ歯は、年齢や全身疾患の有無を問わず幅広く患者さんに適用できるため、高い頻度で使われています。

 部分入れ歯は、歯にかかる金属のバネ(鉤・コウ)や義歯自体の大きさにより強い異物感を感じます。そのため残存歯が多い方の場合、ある程度かめるため、入れ歯を使わなくなることがあります。

 しかし部分入れ歯を使わないでおくと、歯がない場所へ残存歯が倒れこんできたり、かむ力が分散できないため少なくなった残存歯に大きなダメージを与えたりすることで、かみ合わせが悪化することがよくあります。ですので欠損の範囲が少ないうちから部分入れ歯を使い、もし痛みを生じるところがあれば歯科医院で調整を繰り返しながら慣れていくことが大切になります。慣れると徐々に安定してよくかめるようになります。

 ただ、鉤歯は食べかすが溜まりやすいため、虫歯や歯周病が進行しやすくなります。鉤歯は入れ歯に加わる力を支え、入れ歯の安定に必要な歯です。鉤歯の寿命を延ばすため、毎日のブラッシングが重要です。

 また、入れ歯を長く使用していくと金属のバネが緩んだり折れたり、擦り減ってかみ合わせが変化したりすることがあります。痛みがないからといって放置すると残存歯に負担をかけますので、定期的に歯科医院で入れ歯の調整や残存歯のクリーニングを受けることが大切です。

 最近では、審美性を考慮した金属のバネがないノンクラスプデンチャー(保険適用外)もあります。審美性だけでなく装着感も良いので気になる方は歯科医院でご相談ください。

(鹿児島県歯科医師会 情報・対外PR委員 上国料剛)

部分入れ歯 定期的な調整が大切
hanohanashi2103.pdf