歯のはなし

親知らずの抜歯 部位で難易度異なる

 親知らずとは、前から数えて8番目の歯で、智歯(ちし)や第三大臼歯ともいいます。10代後半から20代前半頃に、一番最後の歯として親に知られることなく生えてくることが名前の由来だといわれており、一般的に上顎の左右2本と下顎の左右2本の4本ですが、先天的に数の少ない人や1本もない人もいます。

 親知らずは、①まっすぐ正常に生えていて上下でしっかりかみ合っている②入れ歯やブリッジに利用したり移植をする可能性がある③完全に骨の中に埋まっており周囲の歯や骨に影響を及ぼさない―などの場合は抜く必要はありません。

 しかし、親知らずが斜めや横を向いて生えてきたり、歯肉が部分的にかぶったままの状態であると、歯垢(しこう)などの汚れがたまって不潔になりやすいため歯肉が炎症を起こし、ひどい場合には顔まで腫れたりすることがあります。

 親知らずだけでなく手前の歯(第二大臼歯)までむし歯になってしまうこともあり、そのような場合には抜いてしまった方が良いでしょう。

 抜かなければならない場合、抜歯の難易度は部位や歯の状態によって異なります。上顎にあるものは比較的簡単に抜けることが多いのですが、下顎では歯の大半が骨の中に埋まっていたり、歯の根の形態が複雑であると歯肉の切開や歯と骨を削ることも必要となる場合もあるため、処置に時間がかかることがあります。

 抜歯後しばらく腫れや痛みなどの不快症状が生じることがありますが、数日で治まることがほとんどです。

 親知らずを抜くか保存をするかは、かかりつけの歯科医院で十分な相談をした上で、メリットとデメリットを慎重に検討して決めると良いでしょう。

(鹿児島県歯科医師会 情報・対外PR委員 尾立健太郎)

親知らずの抜歯 部位で難易度異なる
hanohanashi2102.pdf