歯のはなし

アフタ性口内炎 鉄分やビタミン不足一因

 口内炎は口の中の粘膜に起きる炎症を総称した呼び方です。口内炎には主に外傷や熱傷などによりできる「カタル性口内炎」や、ストレスや疲労による免疫力低下が原因となる「アフタ性口内炎」、カンジダ菌や単純性ヘルペスウイルスなどが原因となる「ウイルス性口内炎」があります。

 カタル性口内炎は頬の内側をかんでしまった場合や合わないかぶせ物・入れ歯や矯正装置が粘膜に触れてできた傷、薬品などによる刺激などが原因となります。アフタ性口内炎は栄養バランスの乱れ、睡眠不足なども原因となります。ウイルス性口内炎は粘膜に小さな水ぶくれができ、破れると潰瘍ができます。他の口内炎に比べて痛みが強く、発熱や倦怠(けんたい)感を伴う場合があります。

 これらの中でもよく起きるのがアフタ性口内炎です。

 通常は1週間程度で自然に治ります。仕事による過労やストレス、病気で体力が低下しているときは口内炎になりやすくなります。十分な栄養、特に鉄分やビタミンB群などが不足すると発生しやすくなることが明らかになってきています。食事を改善したり、サプリメント等を摂取することで、不足分を補うことも有効になります。

 また、口の中が不衛生だと口内細菌が繁殖して不潔になり、口内炎が発生しやすい環境になります。日頃から、口の中を清潔に保つことが大切です。

 他にも、口の中の粘膜が薄かったり、ある特定の物を口に入れたときに口内炎になってしまうアレルギーなど口内炎になりやすい体質も考慮しなければなりません。

 いずれも口内に起因することが多いので、頻繁に口内炎が発生したり、2週間以上治らないときなどは歯科医にご相談ください。

(鹿児島県歯科医師会 情報対外PR委員 竹脇秀一)

アフタ性口内炎 鉄分やビタミン不足一因
hanohanashi2009.pdf