歯のはなし

くさび状欠損 研磨剤の使いすぎ注意

 奥歯が所々しみたり、歯磨きの時ピリッと痛みを感じたりすることはありませんか。虫歯になったと思われる方がいらっしゃいますが、それは虫歯ではなく、歯が「くさび状欠損」になっている可能性があります。

 歯は、外側を体の中で一番硬くて知覚がないエナメル質、その内側を少し軟らかく知覚のある象牙質、さらにその内部に痛みを感じる神経によって構成されています。

 くさび状欠損とは、この歯の根元がくさび状に欠けてしまった状態のことを言います。

 くさび状欠損の発生原因としては、主に二つのことが考えられます。

 一つは、強い力でブラッシングしたり、硬い歯ブラシを使ったり、研磨剤入りの歯磨き粉を多量に使用することにって生じると言われています。

 二つ目は、歯ぎしりや食いしばりによる過剰な力が、歯に加わることにより生じるといわれています。歯ぎしりや食いしばりにより歯に強い力がかかり続けると、歯の根元に力が集中して、表面のエナメル質に細かいヒビが入ります。そのヒビが拡大するとエナメル質がポロポロと剥がれ落ちてきます。そうすると、内側の象牙質がむき出しになりしみてきます。

 このくさび状欠損の治療は、基本的にはレジンという白いプラスチックやセメントを欠損部分に詰めます。ただ、しみる症状が強い場合は、詰めるだけではなく、かみ合わせを調整したり、就寝時に起こる歯ぎしりによる過剰な力を軽減させるために、マウスピースを装着する等の対応が必要となります。

 歯磨き時の注意点としては、あまり強く擦らず時間をかけて優しく磨き、歯ブラシはふつうか軟らかめで、歯磨き粉は少なめにしてブラッシングしてください。気になる方は、お近くの歯科医院にてご相談ください。

 

(鹿児島県歯科医師会情報・対外PR委員 上國料剛)

くさび状欠損 研磨剤の使いすぎ注意
hanohanashi2007.pdf