歯のはなし

乳歯のむし歯 発育に影響早期治療を

乳歯は英語の学名では「脱落する歯」とも呼ばれ、いずれは永久歯に生え代わります。あまり重要なものではないというイメージが湧いてしまうかもしれません。しかし乳歯には、全身発育やかみ砕く機能の発達や正常な歯並び・かみ合わせの完成、発音の発達など成長発育途中の小児にとっては重要な役割があります。

もしその乳歯がむし歯になってしまったら、いろいろと困ったことが起こります。

①痛み

痛いことはもちろんですが、それによって集中力が低下して学業が不振になることもある。

②永久歯への影響

むし歯は感染症なので、原因菌が生えてくる途中の抵抗力の弱い永久歯をむし歯にしてしまう。また重症化したむし歯はその下にある永久歯に影響して、エナメル質が不完全な歯になることがある。

③不正な歯並び・かみ合わせ

歯と歯の間にむし歯で穴が開くと隣の歯が寄ってきたり、乳歯を早期に失ったりすることでかみ合わせが悪くなります。特に前歯の大きなむし歯や早期喪失は、舌を前に突き出す癖などの習慣につながり、将来的に出っ歯になることもある。

④かみ砕く機能の低下

変色や小食の原因となり、かみ砕く機能や食習慣にも影響を与え、よくかまずに丸飲みしてしまうようになる。

⑤発音障害

むし歯が前歯にできると、うまく発音しにくくなる。

⑥口腔軟組織への影響

むし歯によってできたとがった部分で舌やほほの粘膜を傷つけてしまうことがある。

なによりもむし歯にならないように予防することが一番ですが、むし歯を早期に発見し治療するために定期検診を受けることをお勧めします。

(鹿児島県歯科医師会情報・対外PR委員 石橋貴樹)

乳歯のむし歯 発育に影響早期治療を
hanohanashi2005.pdf