歯のはなし

歯を失った時の治療 長所と短所 正しく理解を

 歯周病、むし歯などの病気や外傷などで歯を失った時、機能や見た目を回復する必要があります。その治療の選択肢は大きく3つに分けられ、それぞれ長所・短所があります。

 ①ブリッジ(保険適用)

 失った歯の両隣の歯を支えに、連結型の義歯をいれる治療で、ガッチリ固定されるので違和感が少なく、かむ力も落ちません。

 しかし、支える歯をかぶせるために歯を削る必要があり、ケースによっては歯の神経を取ることもあります。支える歯への負担も大きくなりますので歯が丈夫であることが条件になり、適応症例の範囲が限られます。

 ②部分入れ歯(保険適用)

 人工歯に床(しょう)という歯ぐきの土手に乗っかる部分を着けたもので、支える歯にバネや磁石などで固定します。取り外し式なのでお手入れもしやすく、支える歯をあまり削る必要もないので、多くの症例で適応可能です。

 ただ、かむ力は多少弱くなり、お口の中での異物感もあります。装着後も調整を行いながら使い慣れていく努力が必要となります。

 ③インプラント(保険適用外)

 失った歯の根の代わりにチタン製のネジ状の部品を顎(がく)の骨の中に埋め込み、その上に人工歯をかぶせます。自立するので周りの歯を削らずに済むのが最大の特徴で、かむ力も落ちず、違和感もほとんどありません。

 天然歯と違いむし歯にはなりませんが、インプラント周りの歯ぐきは炎症に弱く、丁寧なお手入れが必須です。また、外科手術が必要で顎の骨の量、全身疾患の有無など適応症例が限られます。

 いずれの治療法を選択するにしても、歯科医師とよく話し合って決めることが大切です。

(鹿児島県歯科医師会情報・対外PR委員 中島 厚生)

歯を失った時の治療 長所と短所 正しく理解を
hanohanashi2003.pdf