歯のはなし

入れ歯(義歯) 調整繰り返し なじませる

  歯を失った時の治療法には入れ歯(義歯)、ブリッジ、インプラントの3つがあります。なかでも入れ歯は歯を削る量が少なくてすみ、外科治療も必要ない、最も患者への負担が少ない治療法です。また、失った歯が1本の場合から、全ての歯を失った場合まで治療可能で、現在も歯科医療の現場でよく使われています。

 ただ、入れ歯は他のなどを感じや治療法よりも異物感や痛みすいので、義手や義足のように、患者さん自身にも慣れる努力をしてもらう必要があります。よく『入れ歯が入ったから今日から何でも食べられる』と思われる方が多いのですが、そう簡単ではなく、どうしても数回調整が必要になります。

これは、入れ歯製作に使う口の模型と実際の口の中とはかなり環境が異なるからです。そのひとつが歯茎です。歯茎は粘膜なので、ものを噛むと入れ歯の沈み込みが起こります。すると、入れ歯の歯茎への当たり具合が微妙に変化します。

この微妙なズレが痛みにつながる場合があるので、入れ歯を実際使ってもらいながら調整して、口の中になじませていきます。初めのうちは硬い食べ物はできるだけ控えるようにして、柔らかいものから少しずつ慣らしていくことも大切です。

 また、入れ歯は毎日かむ力を受け続けるので、長く使っていると人工歯が磨耗したり、ひびが入ったりなど消耗していきます。さらに部分入れ歯のバネをかけている歯は虫歯や歯周病になりやすい環境にあります。それらの病気になると、部分入れ歯がその役割を十分果たせなくなり、最悪の場合、入れ歯の作り直さなければならなくなります。

 時間をかけて口になじませた入れ歯を長く使うためにも、定期的に歯科医院で、残っている歯と入れ歯のメインテナンスを行うことをおすすめします。

 

                                                                         (鹿児島県歯科医師会 情報・対外PR委員 中島厚生)

入れ歯(義歯) 調整繰り返し なじませる
hanohanashi1808.pdf