歯のはなし

口の中の菌 全身の病気引き起こす

 今注目されている腸内細菌をはじめとして、ヒトは700種類以上、100兆個もの常在菌と共存しています。ところがそれらの菌が何らかのきっかけで血管に入ると、血液の流れに乗って全身に回り、いろいろな臓器に病気を引き起こすことがあります。

 口の中に常在する500種類以上の菌は、そのほとんどが歯垢として歯に付着しています。

 長期間歯磨きをしないなど、不潔な状態が続くと、歯ぐきの毛細血管から菌が血中に入ったり、肺に菌を吸い込んだりすることがあります。

 通常であればそのような菌は自然に除去されます。しかし、病気や疲労などで全身の抵抗力が落ちていると、図のように心臓病、糖尿病、動脈硬化、誤嚥性肺炎、早産などさまざまな病気を引き起こす可能性があります。

 日本循環器学会は、感染性の心臓病を予防するためには、口の中を清潔に保つことが大切であることをガイドラインの中で強調しています。俳優の武田鉄矢さんも、心臓の手術を受けた時、主治医から口の中を清潔にするようきつく言われた、とラジオで話していました。

 さらに抜歯や切開など、出血を伴う歯科治療を受けた後3日間は、口の菌が血中に入り込んでいる可能性があるため、献血はできません。また糖尿病の患者さんが歯周病の治療を受けると糖尿病が改善するということも科学的に証明されています。口の菌はむし歯と歯周病だけの原因ではないのです。

 口の中を不潔にする原因であるむし歯や歯周病の治療はもちろんですが、歯垢や歯石、入れ歯のひどい汚れなどは家庭での手入れだけで、きれいにするのは困難です。定期的に専門的なケアを受けましょう。お口の清潔は全身の健康につながっています。

                           (鹿児島県歯科医師会情報・対外PR委員 薬師寺毅)

口の中の菌 全身の病気引き起こす
hanohanashi1805.pdf