歯のはなし

あいうべ体操 異物侵入防ぐ鼻呼吸を

 私たちが何げなく行っている呼吸には、「口呼吸」と「鼻呼吸」があります。

 口呼吸をすると口の中が乾燥し、乾いた冷たい空気が細菌やウイルス、ほこりなどの異物とともに直接肺に入ることで、病気にかかりやすくなります。唾液が乾くことはむし歯、歯周病、口臭の原因となります。長時間口を開けていることで、口周りの筋肉の力が低下し歯並びも悪くなります。

 鼻呼吸を行うと、吸った空気に含まれる異物を線毛や粘液でろ過し、扁桃リンパ組織が、さらに異物を防ぎ、鼻腔で温められ加湿された空気が肺に入ることによって、風邪をひきにくくなります。

 口呼吸の予防と鼻呼吸を促すために、福岡市にある「みらいクリニック」の今井一彰院長が考案した「あいうべ体操」というものがあります。

 「あー」と口を大きく開く「いー」と口を大きく横に広げる「うー」と口を強く前に突き出す「ベー」と舌を突き出して下に伸ばす4つの動作を順に繰り返します。声は小さくても構いません。

 「あ~」「い~」「う~」「べ~」を1セットとし、1日30セットを目安に毎日続けましょう。舌や口周りの筋肉が鍛えられ、舌が口蓋(口の中の天井)につくようになり口が開きにくくなるので、呼吸を鼻でするようになります。慣れるまでは、無理をせず2、3度に分けた方が続けやすいでしょう。

寝ている時も口を閉じるようになり、舌が喉の奥に落ちにくくなるため、いびきも改善されます。高齢者は、飲み込みがよくなり、誤嚥(ごえん)も減ります。

 顎関節症の方や開口時にあごが痛む場合は、回数を減らすか、「いー」「うー」のみをくり返してください。この「いー」「うー」体操は、関節に負担がかからないため、何回行っても大丈夫です。

 

                                 (情報対外PR委員会委員 尾立健太郎)

あいうべ体操 異物侵入防ぐ鼻呼吸を
hanohanashi18036.pdf