歯のはなし

睡眠時無呼吸症候群 ~マウスピース改善に有効~

「睡眠時無呼吸症候群(sleep apnea syndrome=SAS)」をご存じですか。 以前、新幹線の運転士やバスの運転手など、人の命を預かる職業に就いている方の中にも、この病気が隠れていることが話題となりました。

あなたは「いびき」をかきますか。「いびき」は騒音のトラブルだけではなく、もっと深刻な問題を抱えていることがわかってきました。

いびきをかいていると熟睡しているように思われがちですが、実は全く正反対で、眠りが浅く十分な睡眠が取れていないことが多く、そのため疲れが取れなかったり、日中に居眠りしやすかったりして、集中力や記憶力が低下する、イライラするなどの弊害をもたらします。

また、呼吸障害によって、酸素不足になり、循環器系や、呼吸器系に悪影響を及ぼして、高血圧や心臓病、脳梗塞などにかかりやすくなります。

いびきにもいくつか種類がありますが、その中に睡眠中に知らないうちに何回も呼吸が止まり、息が止まるたびに反復して大きないびきをかくタイプがあります。それが睡眠時無呼吸症候群といわれるものです。

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠時に10秒以上の無呼吸発作を1時間に5回以上、あるいは7時間に30回の発作回数を示した場合をいいます。症状としては① 夜中に何度も目が覚める② 昼間に猛烈に眠たくなる③ 注意力が散漫になる④ 夜中に何度もトイレに立つ⑤ 起きた時に頭痛がする⑥ イライラする―などがあります。

症例によっては、マウスピースの装着も改善に有効とされています。歯科医院では、医科専門医の診断書・紹介状があれば、保険診療で作製しています。お気軽にご相談ください。

                           (鹿児島県歯科医師会情報・対外PR委員 毛利英樹)

睡眠時無呼吸症候群~マウスピース改善に有効~
hanohanashi1710.pdf