歯のはなし

局所麻酔 ~道具進化し痛みの軽減~

歯の治療をするとき、痛みを感じにくくするために、局所麻酔をすることがあります。局所麻酔とは、その名の通り局所に麻酔薬を作用させて、一時的に感覚を消失させる方法で、以下の三つに分類されます。

①     表面麻酔法

専用の麻酔薬を歯肉などに塗って、表面の感覚を鈍らせる方法です。これによって後に本格的な局所麻酔注射をする時の痛みを軽くします。その他にも、注射をするほどではないが痛くないわけではないような処置、歯石除去や乳歯の抜粋時などに使われることもあります。

②   浸潤麻酔法

感覚を消失したい部分の歯肉に麻酔薬を注射する、いわゆる歯科の麻酔です。苦手な方も多いと思いますが、最近は細くて切れの良い針が開発されたり、麻酔薬を人肌に温めて使用したり、以前よりはるかに痛みが軽減されています。さらに必要に応じて前述の表面麻酔を使ったり、麻酔薬をごく少量ずつ注入して痛みを軽減できる電動式注射器を使ったりと、さまざまなテクニックで痛みをより軽減してよく効く麻酔ができるようになっています。

③   伝達麻酔法

脳から出た神経の下あごに向かう途中、具体的には下の奥歯のさらに後方に麻酔薬を作用させ、口唇や舌を含む広範囲に効く麻酔をする方法です。下あごの奥歯は麻酔が比較的効きにくく、浸潤麻酔法に加えてこの麻酔法を使うことがあります。

以上のような麻酔法が歯科治療で用いられています。局所麻酔薬は安全性が高くアレルギー反応を起こすことは極めてまれです。

麻酔注射の後に気分が悪くなった場合、原因の多くは過剰な緊張や不安がもたらす精神的反応であることがわかっています。これに対しては精神鎮静法という方法もあります。

                         (鹿児島県歯科医師会 情報・対外PR委員会 竹脇秀一)

局所麻酔 ~道具進化し痛みの軽減~
hanohanashi1709.pdf