歯のはなし

唾液の働き ~全身の健康に重要~

 唾液は大唾液腺(耳下腺、顎下腺、舌下腺)と小唾液腺から分泌されており、健康な成人で1日1リットル以上分泌され、絶えず口の中を潤しています。 ご飯を食べているときに消化を助け、食べ物の味物質が唾液中に溶けだし、舌で味を感じる手伝いをしたり、食物を塊にしやすくしたりして、かみ砕くことやのみ込むことを助ける働きがあります。

 歯にとっては、むし歯の原因になる酸を中和しカルシウムを供給して再石灰化を促進、初期のむし歯を自然に修復します。多量の水分が食べかすや細菌を洗い流し、口や体を守っています。また、抗菌物質も存在し、ガンを防ぐ物質も発見されています。舌が滑らかに動き、うまく発音ができるのも唾液が口の中を潤しているおかげです。

 このように唾液は口の中だけでなく、体の健康を保つ上でなくてはならないものです。しかし、年齢や生活習慣、服用している薬の影響などで唾液の量が減ってしまうことがあります。

 唾液分泌が低下すると口の中が潤わず、ねばねばした感じになり、食べ物が食べにくくなります。また進行すると唾液の自浄作用の低下から、プラーク(歯垢)が歯に付着しやすくなることで、むし歯や歯周病になりやすくなります。さらに粘膜保護作用も低下するため粘膜の乾燥による入れ歯使用時の痛みや口臭の悪化・発音障害・味覚異常などを引き起こすことがあります。

 家庭でできる改善方法として、食べるときにかむ回数を増やしてあごを動かし、大唾液腺を刺激して唾液の分泌を促進させる、専用の口腔ケア用品で口の中を保湿する、唾液腺マッサージをすることで唾液の分泌を促進させるなどがあります。

 唾液の量が減ったような感覚があったり、口内の乾燥が気になる方は、お気軽にかかりつけの歯科医院にご相談ください。

 

                                                                                 ( 鹿児島県歯科医師会対外PR委員 尾立 健太郎 )

唾液の働き ~全身の健康に重要~
hanohanashi1706.pdf