歯のはなし

歯を失ったあとは ~放置すると全身に影響~

 歯を失ったあとをそのまま放置しておくと、失った歯の隣の歯が傾き、上下向かい合わせの歯が伸びるため、歯並びは崩れ、かみ合わせも悪くなります。かみ合わせが悪くなると、肩こりや頭痛の原因になり、自律神経に影響して全身状態にも悪影響を及ぼします。

 そうならないためにも、歯を失ったところを補う必要があります。代表的な方法として、ブリッジ、義歯(入れ歯)、インプラントの三つがあります。

 ブリッジは、失った歯の両隣の歯を削って土台とし、歯を失ったところに橋を架けたように一体化した複数の人工歯で欠損部を補うものです。装着時の違和感が少なく、見た目もよく、ある程度自分の歯のようにかむことができます。欠点としては、両隣の歯を土台として削る必要があり、かみ合わせの負担も増大するため、歯の寿命を縮める可能性があります。

 義歯(入れ歯)は、両隣の歯を削ることもなく、失った歯の本数が多い場合でも広く適応することができます。しかし、ブリッジに比べると違和感が大きく、残っている歯に金属のバネをかけるので見た目も悪く、食べかすがたまりやすく、かむ力も弱くなります。

 インプラントは、骨に直接金属を埋め込み、その上に人工の歯を装着するもので、両隣の歯を削ることもなく、見た目もよく、自分の歯とほぼ同じようにかむことができます。ただインプラントは、歯を失ったところの骨が少なかったり体に重い病気がある人はできない場合があります。また、保険が適応されないので治療費が高くなります。

 どの方法も一長一短があります。やはり一番良いのは自分の歯を永く保つことです。歯を失わないように、毎日のしっかりしたブラッシングや、歯科医院での定期健診でメンテナンスを受けるなどの予防が最も大切なのです。

                                                                                       (鹿児島県歯科医師会対外PR委員 上國料剛)

歯を失ったあとは ~放置すると全身に影響~
hanohanashi1705.pdf