歯のはなし

妊娠中の歯磨き 工夫して吐き気軽減

 妊娠中は免疫力が低下したり、だ液の量が減少したりして虫歯や歯周病になるリスクが高くなります。また、妊娠中のつわりにより普段何げなく実施している歯磨きが非常に困難になり、口内環境をさらに悪くしてしまうことがあります。

 しかし少し工夫をすることで、歯磨きのつらさを軽減できます。歯磨きは食後が効果的ですが、それにこだわらず、体調の良いときに行いましょう。においに対して敏感になった場合は、香料や刺激の少ない歯磨き粉に変えてみましょう。

 喉の奥や舌にブラシが当たるだけで吐き気を催す場合は、小さな歯ブラシを使用しましょう。唾液さえも刺激になる場合は、のどの奥にだ液や泡がたまらないよう顔をなるべく下に向け、奥に流れこまないようにすることで吐き気を軽減することができます。

 また、体調の良いときを見計らって、かかりつけの歯科医院で健診を受け、口の状態を確認してもらい出産後も健康な歯を維持しましょう。

                                  (鹿児島県歯科医師会対外PR委員 尾立健太郎)

妊娠中の歯磨き 工夫して吐き気軽減
ninshinhamigaki161213.pdf