歯のはなし

口臭 口腔の衛生状態が影響

 口臭が気になったことはありませんか。ほとんどの口臭の原因は、口の中にあります。主な原因は、口腔(こうくう)の細菌がつくる硫化水素やメチルメルカプタンなどの揮発性の硫黄化合物です。

 口腔内が不衛生で虫歯があったり、舌苔(ぜったい)がたまりすぎていたりすると、細菌がその食べかすを分解して口臭が発生します。また、歯周病の原因菌は、硫化水素より悪臭の強いメチルメルカプタンを大量につくるので、歯周病が進行している人は、強烈な口臭を生じます。起床時や空腹時にも口臭を生じますが、これは一時的な唾液の減少によるものなので、歯磨きや食事をとることでなくなります。

 その他、においの強い食品やたばこ・アルコール等を摂取したときや、まれに、逆流性食道炎などの消化器疾患、肺疾患、鼻疾患などでも口臭が出ることがあります。

 自覚しにくいので、気になったときは、歯科医院にご相談下さい。

                                               (鹿児島県歯科医師会対外PR委員 上國料剛)

口臭 口腔の衛生状態が影響
kousyuu161108.pdf