歯のはなし

口内の金属アレルギー 銀歯素材変更も保険適用

 指輪、ネックレスなどをつけるとその部分の皮膚が赤くなったり、かゆくなる人がいます。金属アレルギーです。歯科治療においても使用した金属が原因で、口の粘膜や唇が赤くなる、ヒリヒリする、小さな水泡ができるなどの症状が出たり、ひどい時は手のひらや足の裏に膿疱(のうほう)ができることもあります。

 金属アレルギーが疑われた時は皮膚科で原因を調べてもらうことができます。最もよく行われる検査がパッチテストで、いろいろな種類の金属の試薬をしみこませた小さなばんそうこうを皮膚に貼りつけ、数日後に判定するものです。

 治療は、原因となる金属との接触を断つことにつきます。歯科用金属が原因のときは、銀歯をセラミックやプラスチックで置きかえることになります。

 なお歯科金属アレルギーと診断されれば、今年4月から保険ですべての銀歯を置きかえることができるようになりました。心配な方は歯科医院で相談してください。

                                              (鹿児島県歯科医師会対外PR委員 薬師寺 毅)

口内の金属アレルギー 銀歯素材変更も保険適用
kinzoku160913.pdf