歯のはなし

噛ミング30 よくかみ脳を活性化

 「噛ミング30(カミングサンマル)」とは、ひとくち30 回以上かむことを目標としたキャッチフレーズです。やわらかく、あまりかまずに食べることができる食品が豊富な現代では、昔に比べてかむ回数が減ったといわれています。

 しかし、よくかんで食べると、体によいことがたくさんあることがわかっています。よくかむことで咀嚼(そしゃく)筋や表情筋が鍛えられ、言葉や表情が生き生きし、脳に流れる血流量が増加することにより、脳が活性化します。

 また、唾液の分泌が促進されます。唾液は口内の食べかすや細菌を洗い流し、虫歯や歯周病を予防します。さらに、唾液に含まれる消化酵素・アミラーゼがでんぷんを分解して消化の吸収を助け、ペルオキシターゼなどの酵素が食品に含まれる発がん性物質を抑えます。

 その他にも、肥満を予防できるなどたくさんのメリットがあります。「噛ミング30」で、より健康な生活を目指しましょう。

                                             (鹿児島県歯科医師会対外PR委員 尾立健太郎)

噛ミング30 よくかみ脳を活性化
kamingsanmaru160614.pdf