歯のはなし

プラーク(歯垢) 時間かけしっかり除去

 歯磨きをする前に鏡で自分の歯を見てみてください。歯の表面に白いネバネバしたものが付着していると思います。これは、「プラーク」あるいは歯垢(しこう)と呼ばれるもので、その大部分が細菌と細菌のつくる糖(多糖体)からできています。このプラークをつまようじの先でかき取ったぐらいの量の中には、なんと1億個以上の細菌が存在しています。

 細菌は歯に付着すると、時間とともに糖(多糖体)を分泌し、「バイオフィルム」という塊をつくります。この中の細菌は外界の影響を受けにくくなり、抗菌剤や生体の防御機構が非常に効きにくくなります。プラークはこのバイオフィルムの一種ですので、歯磨きで擦って落とすことが一番効果的な除去方法です。

 細菌には虫歯菌や歯周病菌が含まれるので、虫歯や歯周病予防には、プラークをしっかり除去することが重要です。最低1日1回は、時間をかけ隅々まで磨きましょう。健康な口腔(こうくう)維持のため、歯磨きを頑張ってください。                                  

                                   (鹿児島県歯科医師会対外PR委員 上國料剛)

プラーク(歯垢) 時間かけしっかり除去
shikou160510.pdf