歯のはなし

子どもの虫歯菌 控えたい噛み与え

  生後すぐの赤ちゃんのお口の中には、虫歯菌も歯周病菌もありません。
これらの最初の感染は、保護者らからの口移しでの食事や、食器を通して起こることが多いのです。

 このような感染を完全に防ぐことはできませんが、子どもさんの健康のために気をつけてほしいことがあります。 

 幼児期は、お口の中にいる、数百種類の細菌のバランスがとれていません。この時期に、特に活性の高い虫歯菌が入ってくると、お口の中で優位に立つ菌となり、虫歯になりやすい子供になることが証明されています。 

 
 逆に2~3歳までに虫歯菌の感染をなるべく抑えることによって、その後の虫歯菌の活性が低くなります。

 
 子どもに接する大人も口の中を衛生的に保つことが重要です。近年、ピロリ菌も幼児期に保護者から感染する可能性が指摘されています。そういう意味でも「噛(か)み与え」は控えた方が良さそうです。         

                                                          (鹿児島県歯科医師会)

子どもの虫歯菌
20140922kodomonomushibakin.pdf